Go Toトラベル キャンペーン

Go To トラベルキャンペーンのご説明

(ホームページからご予約の場合)

Go Toトラベル事業の対象になるためには、予約情報のデータを第三者機関に登録して保存する機能が必要となっております。

京都ゲストハウス御旅庵では、第三者機関としてSTAYNAVIに登録しており、STAYNAVIを通して、割引クーポンをお渡しします。
割引クーポンにより、宿泊代金は、表示金額の35%が割引されます。

ネット予約の場合、まずは、下記STAYNAVIのホームページにて、無料会員登録をお願いいたします。(電話でご予約の場合はこちら)

https://staynavi.direct/campaign/gototravel/

10月1日以降のご旅行には、「地域共通クーポン」もお渡しします。

京都駅周辺で地域共通クーポンが使えるお店はこちら

キャンペーン対象のお住まいの地域につきましては、下記のGo Toトラベルキャンペーンホームページのお知らせをご確認ください。
また、下記ホームページの「Go To トラベル事業をご利用いただく皆様へ 」の内容に同意の上お申し込みください。

https://goto.jata-net.or.jp/

<注意事項>

本キャンペーンは、補助金予算が上限に達し次第終了となります。予めご了承ください。

 

楽天トラベル、じゃらんからの予約について

楽天トラベルとじゃらんから予約される場合は、ぞれぞれのWebサイト、アプリでGo Toクーポンをお受け取りになり、予約確定の画面でGo To トラベル割引クーポンが表示されていることを確認の上ご予約ください。STAYNAVIへの登録は不要です。

本人確認にあたって必要な書類

Go To トラベル事務局より、宿泊施設に対し、Go Toトラベルキャンペーンを利用される宿泊客全員の本人確認を実施するように要請されております。

本人確認にあたって必要な書類は以下のとおりです。
○1点で本人確認書類として認められるもの:1枚で氏名及び住所、写真が確認できる書類
例:マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券、在留カード、 特別永住者証明書、海技免状等国家資格を有することを証明する書類、 障害者手帳等各種福祉手帳、船員手帳、戦傷病者手帳、官公庁職員身分証明書 等

○ただし、上記書類を持っていない場合、以下に掲げる①と②の書類のうち、①を二つ又は①を一つ及び②を一つの組み合わせであれば、氏名及び住所が確認できる書類として提示可能
①健康保険等被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、年金証書等
②学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

支援金の受領について

国からの支援金はお客様に対して支給されますが、当宿は、支援金をお客様に代わって受領(代理受
領)致しますので、お客様は、宿泊代金に対する支援金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいた
だくこととなります。なお、キャンセルの際は、(割引前の)宿泊代金を基準として所定のキャンセルチャージを申し受けいたします。お客様は、当宿による代理受領ついてご了承のうえお申込みください。

 

高速道路周遊パスについて

STAYNAVIでは宿泊の他に高速道路周遊パスの割引をご利用いただけますが、こちらは代理登録はお受けできません。高速道路周遊パスでGo Toトラベル割引をご利用の場合、お客様ご自身でご予約をお願いいたします → https://staynavi.direct/nexco/

 

Go To トラベル キャンペーン 割引を受ける流れ

ネット予約の場合

(ご不明点がございましたら、当宿まで電話、メールにてお問い合わせください。ネットで宿泊予約された場合でも、当宿でSTAYNAVI代理登録を承ります)

STAYNAVI ホームページ: https://staynavi.direct/campaign/gototravel/?facility_id=281327

flow net booking

 

電話予約の場合

flow telephone booking

 

 

当宿のコロナウイルス感染症対応

新型コロナウイルス感染症への取り組み


GoToTravel

 

 

 

 

御旅庵近隣のコインパーキング

 

Go To トラベル事業をご利用いただく皆様へ

  1. 旅行時は毎朝、検温等の体温チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、ご旅行はお控えください。また、接触確認アプリのご利用をお願いします。
  2. 旅行中には、「新しい旅のエチケット」を実施してください。 3密が発生する場や施設等は回避し、声を出すような行為もご遠慮ください。
  3. 宿泊施設等では、チェックイン時の検温、旅行者の本人確認、浴場や飲食施設での3密対策の徹底、食事の際の3密の回避等が本事業の参加条件です。宿泊施設等の従業員の指示に必ず従ってください。
  4. 若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は一般にリスクが高いと考えられています。 実施する場合には、着実な感染防止対策が講じられることを前提に、適切なご旅行をお願いします。

   (Go Toトラベル事務局のホームページより抜粋)