ブログ  - 旅と猫と、時々女将 -

ブログ一覧

東寺の朝参り・生身供

miedo

朝の空気が心地よい季節となってきました。

この朝が気持ちのいい時期に少し早起きして、世界遺産・東寺の朝参りに参加されてはいかがでしょうか。

東寺の生身供(しょうじんく)は、毎朝6時より、国宝・御影堂(みえいどう)で行われています。2016年9月から2020年7月まで、御影堂では檜皮葺屋根などの修復工事があり、その間は、生身供は向かい側の大日堂で行われておりました。

御旅庵にお泊まりの方は、東寺の大宮通沿いの入り口、慶賀門まで徒歩4分、慶賀門からは石畳の道をまっすぐ西に進み、突き当りの西院の唐門まで徒歩3分ほど。5時50分ぐらいに御旅庵を出れば、午前6時の開始時間に間に合います(遅れて入っても大丈夫です)。

午前6時になると西院の門が開き、鐘がゆっくり10回鳴りますので門の前で待ちます。

Toji

 

鐘の音が短い間隔で2回鳴りましたら、地元の信者さんに続いて、御影堂に入ります。
まず、入口でアルコールの手指消毒をしマスクをしましょう。

お堂の中では密集しないように間隔をおいた椅子が置いてあり、空いている椅子に着席します。入り口や左右のすべての戸は開け放たれており、換気は問題ないようです。冬はやはり相当寒いので、今の時期が最適ですね。

堂内で着席できる定員は32名となっています。入り口は広く開いており、ガラス戸もあり、外からでも中の様子や国宝の弘法大師坐像を拝むことができます。

miedo

 

国宝の弘法大師坐像が安置されている厨子がご開帳されるのは毎日の生身供の間と毎月21日のみです。そんな貴重な機会ですので、内陣の中央にある厨子(最初、扉は閉じています)がよく見える位置に座るとよいでしょう。

弘法大師に一の膳、二の膳とお茶がお供えされる生身供は、地元信者の方々が唱える和讃の中で行われます。体験者の方は聞いているだけでも大丈夫です。

6時20分すぎ頃に、弘法大師が唐から持ち帰ったという仏舎利を頭と手のひらに授けてもらえます。以前は一人ずつ直接授けていただけましたが、現在は感染症対策のため、非接触です。

お舎利さんはお堂の右、中央、左の三か所で、それぞれの場所の着席者に対してまとめてお授けされます。お授けの間、お舎利さんの徳とご利益を頂くため、手のひらを上に差し出しましょう。

非接触のお舎利さんは短時間で終わり、6時50分頃、「ありがとうございました」のあいさつで生身供は終了です。

 

信者の方々が唱える、和讃、般若心経、真言(サンスクリット語の短いお経)は、「在家勤行法則」に載っています。

sutra_book

ご希望ありましたら、貸出ししますので、御旅庵のチェックイン時にお申し出ください(先着1名さま)。数珠はできましたら持参ください。在家勤行法則は朝7時から御影堂内で1冊1000円で販売されています。

東寺の生身供は鎌倉時代から始まったとされ、今日まで脈々と続いています。生身供が行われている間、御影堂の外からお参りする人も多く、賽銭箱に入るお布施の音が聞こえてくるたびに、民衆信仰の厚さに感じ入ります。

また、それぞれ国宝の御影堂と弘法大師坐像に無料でお参りできるとは、なんとも有難いことですね。

京都に来られる機会がありましたら、是非、体験してみてください。

2020年09月13日 | カテゴリー : Kyoto Culture | 投稿者 : otabi

御旅庵近隣のコインパーキング

御旅庵近隣のコインパーキングのうち4か所について紹介します。

GoToTravel

 

 

 

 

※コインパーキングの駐車場代はGo To トラベル割引の対象外です。

 

下の地図の青色の数字1~4は、それぞれのパーキングの位置を示しています。

 

 

1. パラカ 

大宮八条交差点を左折してすぐのところにあります。

夜間最大300円(18:00~8:00)。この当たりで最安値です。

満車の場合、次の角を左折して一周すると八条通に戻ってきます。

赤い矢印は一方通行を示しています。

 

2.Times

御旅庵のすぐ近くです。八条通沿いのため、どちらの方面にも出やすいです。

 

 

3.  タイムズのB (Web予約)

あらじめ予約できるのは安心です。

駐車場名は、「西九条横町23番地駐車場」です。

(共同住宅の建設予定地となっています)

4. エコロパーク

一番最近出来たパーキングです。路面は舗装されておらず、ゲートもなく、いずれ他の用途に転用されるものと思われます。料金は単純明快です。

 

ご紹介した4か所以外にも周辺にはコインパーキングが多数あります。

 

2020年08月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : otabi

ネコさんのお雛さま

「男雛と女雛 どっちが右やった?」
「天皇さんと同じにしとき。男雛が向かって右や」
「そやけど即位の礼は天皇陛下、左側やった。右に雅子さま」
「何でも大正の即位の礼から、西洋式に合わせたんやて。京都御所の紫宸殿は南向いてるやろ、京都では昔から、日が昇る東側の方が天皇さんや」
「それやったら東山の側(紫宸殿に向かって右)が男雛やな」

…… みたいな会話が、この時期の京都のどこかでなされているのではないでしょうか

写真は今年の初弘法さんで買い求めたネコさんのお雛さま
信楽の土を使って焼いたとのことです。ワンちゃんバージョンもありました。

ところで、令和の即位礼正殿の儀で使われた高御座と御帳台が京都御所の紫宸殿に戻ってきました

3月1日から〜22 日まで一般公開で展示されるそうです

期間中も3月9日と16日(月曜日)は京都御所の参観休止日ですのてご注意ください

 

P.S. 久しぶりの投稿でした。。。

おススメ 朝のお散歩コース

こんにちは、久しぶりの投稿です(^^);

新緑がまぶしい季節になりました。

今回は、御旅庵のチェックアウト前にぶらっと回れる朝のお散歩コースのご案内です。

東寺境内と梅小路公園を廻るコースで、所要時間は30~40分ほど。

コースの地図は、共用スペースのテーブルの上にも置いてあります。

まず御旅庵を出ましたら、左(南)に進み、少しくねった細い路地からやや広い道路に出ましたら、右(西)に進むと大宮通の側道に出ます。左手に五重塔が見えますのでそちらの方面に進みます。

御旅庵から4分ほどで世界遺産の東寺(教王護国寺)・東門(慶賀門)に到着します。開門は朝5時です。

東門から入ってすぐ左手に、”小野道風ゆかりの柳” 越しの五重塔が見えてきます。右奥には講堂と金堂も見えます。現在の五重塔は平安京遷都の時代から5代目で、1644年徳川家光の寄進で建てられたものです。金堂、講堂なども平安時代初期の建物は消失して再建されたものですが、位置は平安時代と同じ場所にあるそうです。

*講堂、金堂を拝観できるのは朝8時からとなっています(有料)。

*生身供(しょうじんく)に行かれる方は、西に進んで、御影堂唐門前(下の写真)に午前5時50分頃までに集合ください。

お散歩コースとしては、唐門に行く手前の手水舎を右に曲がり北門から石畳の櫛笥通(くしげどおり)に出ます。下の写真が北門です。

櫛笥通は、平安京の櫛笥小路で、平安時代の小路が位置も道幅も変わっていない唯一の通りだそうです。

途中、右側には観智院が見えてきます。宮本武蔵が吉岡一門との戦いの後に身を潜めてた場所で、宮本武蔵直筆の襖絵が有名です。左側は、陸上の桐生選手が通った洛南高校と中学。

遠くに新幹線の高架も見えてきます。

櫛笥通を4,5分歩いて八条通りに突き当たったところにある北総門は鎌倉時代後期に建立された重要文化財です。

下の写真は八条通りから振り返って見た北総門です。

北総門を出て右手(東)に進み、信号を左(北方向)に折れます。頭上には大宮通がJR東海道新幹線や山陰本線を跨ぐ高架があり、さらにその上に東海道新幹線が走ります。

大宮通の下の道を北に進み。JRの線路をくぐると梅小路公園の木々が見えてきます。入口は線路際にあるので左に入って少し戻ります。北総門から5分程度です。

駐輪場の横の入口から入ってまっすぐ進むと道が三つに分かれています。右側はつつじ、真ん中は新緑、左側はJRの線路沿いの道です。

どの道を通っても古い市電の車両が2両並んで置いてある市電広場を目指します。

市電広場の右側に京都水族館があります。

水族館の前を通り、東(遠くに京都タワーが見えます)に進むとまた1台市電の車両がありますのでそこから芝生広場に入り、芝生の東の端のお花畑を進みます。季節ごとに色んな花が植えられていますが、今の時期は、姫金魚草、ひなげし、つつじが楽しめます。

そのまま進むと入ってきた駐輪場まで戻ってきますので、そこから公園を出て直進します。道路に架かる橋を渡ってすぐ左側に石段がありますので、下に降りて、またJRをくぐって進むと八条通りに出ます。大宮八条交差点の信号を渡り、不動産屋さんの前を左に曲がったらすぐに八条大宮バス停がありますので、そのすぐ先右側の路地に入れば御旅庵の提灯が見えて、お散歩は終わりです。

朝の爽やかな空気の中で、歴史と自然に触れられるお散歩でした(^^)。

 

いよいよ!2017桜シーズン!!

2017.3.25(土)

こんにちは!

三月後半になりました。京都でも観光の方々であふれる季節です。

開花はもう少し後ですが、御旅庵では暖簾が春用のさわやかな色に変わっています(*^^*)

いつもお願いしています京都の「しょうび苑」さん。本ろうけつ染などで、とても素敵な暖簾です。

是非、皆様!御旅庵の暖簾をくぐってみてくださいね~(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です